HOME秋元ファミリークリニック

menu

秋元ファミリークリニック

西新井駅3分 内科・小児科・リウマチ科・訪問診療
木・日・祝日休診
03-5856-7888 診療予約 お問合せフォーム

※誠に恐縮ですが、都合により7月20日から24日まで休診とさせていただきます。

コラム

ロタウイルスワクチン予防接種が定期接種になりました💉

2020.12.26

【ロタウイルス胃腸炎とは?】
ロタウイルスによって引き起こされる胃腸炎で、乳幼児期にかかりやすい病気です。感染力が非常に強く、特に初めて感染したときに症状が強く出ます。主な症状は、水のような下痢、吐き気、嘔吐、発熱、腹痛です。脱水症状がひどくなると点滴や入院が必要になることもあります。ロタウイルスワクチンの接種をすることで、重症化予防にも効果があるとされています。

【接種年齢と接種回数】(厚生労働省HP参照)
ロタリックス(経口弱毒生ヒトロタウイルスワクチン)
➡生後6週から24週までに、27日以上の間隔をあけて2回経口投与

ロタテック(5価経口弱毒生ロタウイルスワクチン)
➡生後6週から32週までに、27日以上の間隔をあけて3回経口投与

※いずれも1回目の接種は生後6週から生後14週6日までに受けてください。
※途中で製剤を変えることはできません。必ず最後まで同じ製剤で接種をしてください。
※標準的な接種開始日は生後2か月です。

どちらを選んでも効果効能はほぼ同じです。

また、ロタテックまたはロタリックス接種後(特に一週間)は腸重積症の発症リスクが少し増加する可能性があるとされています。
接種後、【嘔吐を繰り返す】【泣いたり不機嫌になったりを繰り返す】【ぐったりして、元気がない】【血便がでる】などの症状が一つでもみられたらすぐにお近くの医療機関を受診しましょう。

当院でも小児ワクチン接種可能ですので、お気軽にお問い合わせください☎

交通案内電話する診療予約